お役立ち情報 - 火災保険

住宅ローン対応型火災保険・地震保険のお問い合わせ・お申し込みのサイト。日本全国を対象とした火災保険・地震保険の代理店。

火災保険
  HOME
火災保険 見積り
  新型火災保険
オーダーメイド型
内容比較
選べる特約
保険料例
各種割引
地震速報

▼火災保険お見積り  
  専用フリーダイヤル
0120−644−599
(平日9時から18時まで)
 
運営会社:
火災保険WEB代理店
株式会社リンクス
〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-33-3
ビューローパラッツオ 4階
Tel.:045-914-7490
Fax.:045-914-7491
mail:info@lynxhoken.com
  会社概要(勧誘方針)
  よくある質問
  お役立ち情報
  プライバシーポリシー
  サイトマップ
HOME>お役立ち情報
  お役立ち情報

XML RSS

住宅用火災報知器設置の義務化

☆新築の住宅については住宅用火災報知器の設置が平成18年6月1日から義務づけになりました。
☆既に建てられている住宅については、5年間の猶予を設け平成23年6月1日から義務づけになります。

義務化の理由としては、火災の死者数の約7割が逃げ遅れによるもので、住宅火災による死者の低減を図るため、あえて法律において住宅の防火責任を制度化することとして、平成16年6月に消防法の一部が改正され、住宅の関係者は住宅用火災警報器等を設置し維持することが義務づけられました。 その中で、住宅用火災警報器等の設置及び維持に関する基準は政令で定める基準に従い市町村条例で定めることとされた為です。

設置場所等の条件は市町村の条例などにより若干の違いはありますが、以下の条件が一般的です。(横浜市、川崎市など)

●設置場所
住宅の形態等により多少異なりますが、
 @寝室
  主寝室だけでなく、子供部屋のように日常的に人が就寝する部屋も含む。
  普段就寝している部屋をいい、来客が就寝するような部屋はのぞく。
 A寝室のある階から下への階に通じる階段
 B台所
 C廊下

●設置する部位
 原則、天井または壁に設置されている。
 @天井の場合は、中心を壁、梁から60p以上離す。
 A壁の場合は天井から15〜50cm以内に中心が来るように設置する。
 Bエアコンや換気扇の吹き出し口から1.5m以上離す。

●どんな火災報知器を設置すればよいか。
 @火災報知機には、一般的に煙感知式と熱感知式があり、省令で義務付けられているのは、煙感知式。
 A火災以外の煙を感知してしまう場合には、熱感知式の住宅用火災警報器でもかまいません。
 B日本消防検定協会の鑑定合格証が付いているもの(NSマーク)。


一戸建の新築やマンションご購入の際は、住宅ローン対応の火災保険、地震保険を比較していただき、ぜひご用命ください。

2007年03月16日 | お役立ち情報一覧

【ご注意】このホームページの情報は、当該火災保険のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け当該火災保険のパンフレットをあわせてご覧ください。
ご契約に際しましては、事前に、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずお読みください。
弊社はAIU損害保険株式会社)の契約締結の代理権を有しています。
引受保険会社: AIU損害保険株式会社
Copyright (C) 2005- Lynx Co,.Ltd. All Rights Reserved.