お役立ち情報 - 火災保険

住宅ローン対応型火災保険・地震保険のお問い合わせ・お申し込みのサイト。日本全国を対象とした火災保険・地震保険の代理店。

火災保険
  HOME
火災保険 見積り
  新型火災保険
オーダーメイド型
内容比較
選べる特約
保険料例
各種割引
地震速報

▼火災保険お見積り  
  専用フリーダイヤル
0120−644−599
(平日9時から18時まで)
 
運営会社:
火災保険WEB代理店
株式会社リンクス
〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-33-3
ビューローパラッツオ 4階
Tel.:045-914-7490
Fax.:045-914-7491
mail:info@lynxhoken.com
  会社概要(勧誘方針)
  よくある質問
  お役立ち情報
  プライバシーポリシー
  サイトマップ
HOME>お役立ち情報
  お役立ち情報

XML RSS

今月より太陽光発電の売電価格が従来の2倍の48円/kWhに

平成21年11月1日より「太陽光発電の新たな買取制度」がスタートし、自宅で発電した太陽光発電の余剰電力を電力会社に買い取ってもらう際の価格が、従来の24円/kWh(キロワット時)から48円/kWhと、ほぼ2倍になりました。

これは今年7月1日に成立した法律
「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律」に基づいて実施されるものです。

この制度により、太陽光発電システム設置にかかる初期費用の回収期間が大幅に短くなり、普及に拍車がかかると思われます。

一方で、電力会社も、従来より高い値段で電力を買い取るため、負担増の部分は太陽光サーチャージ(太陽光発電促進付加金)という形で、一般家庭に対する電気代に上乗せされます。
これは平成22年4月から始まり、一般的な家庭において一ヶ月あたり100円未満との事です。

この制度は太陽光発電を設置できない家庭には不利とも思われますが、国が掲げる”日本で使う電気は日本でつくる”という「エネルギー自給自足国家」を創出し、無限のエネルギーである太陽光を利用することにより、石油等の化石燃料の利用による二酸化炭素の排出を抑え「低炭素社会」を実現するためには協力が必要かもしれません。

さらに太陽電池の製造から、販売、施工に至るまでの「広い雇用効果」も期待されるとの事です。

参考データ:経済産業省ホームページ≪広げよう!太陽光発電≫


一戸建の新築やマンションご購入の際は、住宅ローン対応の火災保険、地震保険を比較していただき、ぜひご用命ください。

2009年11月19日 | お役立ち情報一覧

【ご注意】このホームページの情報は、当該火災保険のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け当該火災保険のパンフレットをあわせてご覧ください。
ご契約に際しましては、事前に、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずお読みください。
弊社はAIU損害保険株式会社)の契約締結の代理権を有しています。
引受保険会社: AIU損害保険株式会社
Copyright (C) 2005- Lynx Co,.Ltd. All Rights Reserved.