お役立ち情報 - 火災保険

住宅ローン対応型火災保険・地震保険のお問い合わせ・お申し込みのサイト。日本全国を対象とした火災保険・地震保険の代理店。

火災保険
  HOME
火災保険 見積り
  新型火災保険
オーダーメイド型
内容比較
選べる特約
保険料例
各種割引
地震速報

▼火災保険お見積り  
  専用フリーダイヤル
0120−644−599
(平日9時から18時まで)
 
運営会社:
火災保険WEB代理店
株式会社リンクス
〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-33-3
ビューローパラッツオ 4階
Tel.:045-914-7490
Fax.:045-914-7491
mail:info@lynxhoken.com
  会社概要(勧誘方針)
  よくある質問
  お役立ち情報
  プライバシーポリシー
  サイトマップ
HOME>お役立ち情報
  お役立ち情報

XML RSS

東日本大震災にかかわる地震保険の支払件数と金額の状況

東日本大震災により被害を受けられた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災に係る地震保険の、受付件数、支払件数および金額について取りまとめたデータが、社団法人 日本損害保険協会より発表されました。(2011年5月6日時点、全損害保険会社の合計)


           受付件数    支払件数    支払い保険金
東北地区       225,470     102,786    約2,730億円
関東・甲信越・静岡  255,613     152,235    約2,047億円
その他府県       1,240       422    約  4億円
合計         482,323     255,444    約4,781億円

※注)「受付件数」とは、お客様から調査依頼の連絡を保険会社が受け付けた件数であり、損害調査の結果、保険金の支払に至らない場合もあり、「受付件数」がすべて「支払件数」になるものではありません。
従いまして、現時点で「支払対象となる受付分」の80%以上の支払が完了した保険会社もあります。

過去、地震保険の支払が最大であった「阪神・淡路大震災」の金額783億円と比較すると、すでに6倍を超えており、当時に比べ、地震保険の加入率が上がっているという理由もありますが、いかに今回の地震被害の規模が大きかったのかが分かります。

この地震保険は、政府と民間の保険会社が共同で運営している為、支払総額が1,150億円までは民間の保険会社が100%負担し、それを超えた1兆9,250億円までは、政府と民間の保険会社が折半、さらに5兆5,000億円までの分は政府が95%、保険会社が5%を負担します。

参照データ:日本損害保険協会

2011年05月12日 | お役立ち情報一覧

【ご注意】このホームページの情報は、当該火災保険のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け当該火災保険のパンフレットをあわせてご覧ください。
ご契約に際しましては、事前に、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずお読みください。
弊社はAIU損害保険株式会社)の契約締結の代理権を有しています。
引受保険会社: AIU損害保険株式会社
Copyright (C) 2005- Lynx Co,.Ltd. All Rights Reserved.